Shin-Ichi Fukuoka
PROFILE
● ● ●
福岡伸一
ふくおかしんいち

生物学者・作家。1959年東京生まれ。京都大学卒および同大学院博士課程修了。ハーバード大学研修員、京都大学助教授などを経て、現在、青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員研究者。

サントリー学芸賞を受賞し、87万部のロングセラーとなった『生物と無生物のあいだ』、『動的平衡』シリーズなど、“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を数多く発表。他に『世界は分けてもわからない』、『できそこないの男たち』、哲学者・西田幾多郎の生命論について考察した『福岡伸一、西田哲学を読む』など。近著に、副交感神経優位の暮らし方をすすめる『迷走生活の方法』。

週刊文春、アエラ、婦人之友、ソトコト各誌に定期寄稿。朝日新聞紙上にて、冒険小説「ドリトル先生ガラパゴスを救う」を連載中。公式サイトは、https://www.fukuokashinichi.com/

また、大のフェルメール好きとしても知られ,全世界に散らばるフェルメールの全作品を巡った旅の紀行『フェルメール 光の王国』、『フェルメール 隠された次元』、最新のデジタル技術によってリクリエイト(再創作)したフェルメール全作品を展示する「フェルメール・センター」の監修および館長を務めた。

読書の復興・啓発を目指して、2015年「知恵の学校」を設立、校長をつとめ、各界からゲストを読んで連続セミナーを開催している。公式サイトは、http://schola-sapientia.com/